静岡県で緑内障の治療をうけよう

種類によって適切な治療が異なる

まとめると、治す方法には薬物・レーザー・手術が存在しており患者さんの病気や病型に合わせて、適切な方法を実施する必要があると言えます。
選択の際には、患者さんの年齢や疾患の重症度だけではなく、継続して通院が可能かどうかなどのライフスタイルの相談も行っています。
この疾患は10年、20年と長い年月をかけて悪化してくる病気です。
もし、健康相談などで視神経乳頭に異常があるといわれた場合は、眼科医による精密検査をうけることをおすすめします。
静岡で用いられる検査は、まずポピュラーなものであれば眼圧検査が行われます。
目の表面に計測機器をあてる方法と、目に空気を吹きかけて測定する方法がありますが、どちらかといえば前者によって診断されるケースが多くみられます。
さらにOCTと呼ばれる三次元画像解析や、アンギオグラフィという血管撮影を実施して、視神経乳頭上下に存在する毛細血管の密度が減少していないかなどを計測することもあります。
他にも眼底検査という視神経乳頭部や網膜神経線維層などのある目の奥を観察し、視神経に障害がないかを調べます。
視神経の変形はへこみが大きく見え、変形していることが多いです。
視野の欠損からは、どのくらい症状が進んでいるかや、視野の感度を測定します。
こうして正しく病気の進行具合をはかることが可能となるのです。

緑内障の最新治療が受けられる緑内障にも種類がある種類によって適切な治療が異なる