静岡県で緑内障の治療をうけよう

緑内障の最新治療が受けられる

緑内障の最新治療が受けられる緑内障にも種類がある種類によって適切な治療が異なる

静岡には優秀な眼科が多数あり、緑内障治療を受けることが出来ます。
中には眼科の最新医療を受けることが出来る施設もあり、先進医療認定施設であることを掲げている病院もありますので、さまざまなアプローチで治療を行うことが可能です。
まず、緑内障とはどのような病気であるのか、それに伴う弊害とは何か、そして治療法などについての基本的な知識を手に入れた上で、静岡の病院を探しましょう。
緑内障とは、眼圧の上昇や血行障害が原因となって視神経が弱くなり、ものの見える視野が欠けてくる病気です。
眼圧の上昇がその主な原因と言われている病気ですが、この眼圧とは「目の硬さ」ということになります。
目の中の水分の循環が悪くなると、眼圧は高まる傾向にあり目が硬くなるのです。
日本の失明原因の上位に位置する病気で、40歳以上の人口のうち5%の人がこの病気にかかっているという統計があります。
そのうち、8割の人は自覚症状がなかったということですから、驚きです。
このように初期の段階では、特に主だった自覚症状が出現しないのも緑内障の特徴といえます。
もし、ひとたび視神経を圧迫し、傷つけるようなことになれば回復することは出来ません。
できるだけ病気の進行をおさえ、視野が狭くなるのを抑えることが治療の目標となります。

緑内障 治療 静岡緑内障の専門治療