静岡県で緑内障の治療をうけよう

緑内障にも種類がある

緑内障の最新治療が受けられる緑内障にも種類がある種類によって適切な治療が異なる

緑内障は全て同じものが発生するのではなく、それぞれ種類が異なります。
まず原因のひとつに、目の房水の出口が次第に目詰まりを起こし眼圧がゆっくりと上昇する慢性的なものが存在します。
さらに隅角が狭くなり塞がってしまった結果眼圧が上昇するというケースもあり、この場合は慢性型と急性型があります。
生まれつき眼内の水の流れ路が未発達である人がかかるケースもあり、この場合は黒目が大きくなることから両親が発見して見つかるということが多いです。
他の疾患や全身疾患、薬物などが原因となる場合もあります。
最も確実な治療方法は、眼圧下降です。
まず、眼圧を下げる効果のある目薬を点眼します。
この目薬は房水の生産を抑える作用があるものや、流出を促す効果があるものです。
眼圧が高くない人にも、これらの治療を施して病気を改善へと導くことが出来ます。
閉塞隅角症の瞳孔ブロックが原因の場合は、消炎手術や網膜光凝固手術、副腎皮質ステロイドを投入するケースも見られます。

緑内障による視野障害の恐ろしさとは?種類や症状、検査や治療方法について - https://t.co/82PlZLsQP5 pic.twitter.com/fw3wdoqSOW

— 赤猫ふーさん (@fu3_akaneko) 2019年12月11日